無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
第五十四回目 強み発見「夢中」になれば元気になれる?
0

    第2章 ストレスの多いじだいだからこそ
    「感情コントロール」「怒りのコントロール」が大事です

    第54話

    子供に期待をかけるのは大事ですが、いきなり過剰な期待は逆効果です

     

    ハードル競争を考えてみればわかる事ですが、いきなり高いハードルが目の前に立ちふさがると、その時点で大くの人はやる気を失います。特に、はじめてハードル競争をする時は、飛び越えやすい低いハードルをいっぱい飛び越えて、自信をつけていく事が大切です。

     

    今と昔を比較するのはナンセンスだとはわかってはいますが、ついつい、自分の子供時代と現代の子供達とを比べてしまいます。私の住んでいた町は山奥の田舎町で、少し歩けば山また山。私達は、山の中で秘密基地を夢中になってこしらえて、ふと気づけば、もう夕闇深く、慌てて帰ると心配した親からこっぴどく叱られたものです。納屋の柱に縛り付けられて、一晩中出してもらえないんじゃないかと不安になった事もありました。

    今の子供たちは、それほどまでに夢中になれる事があるんだろうかと、心配してしまいます。昔は、誘拐や殺人なども起こらず、子供はどこででも、のびのびと遊べたのですが、今は、山の中には、どんな危ない人間が潜むか知れたものではありませんね。

    危ないからと、木登りなどもさせてもらえないのでしょうね。

     

    さて、「夢中」になると、人間の様々な機能が活性する可能性が高いと報告したのは、ミハイ・チクセントミハイ教授です。私は木登りが好きでしたが、チクセントミハイ教授はロッククライミング(岩登り)が好きで、「夢中」になっている状態も、ロッククライミングで説明しています。

     

    「夢中」になるための要素は三つあります。一つ目、次に何をすればいいのかが明確になっている。二つ目、次にしなければならない事は、自分が今持っている能力よりちょっとだけ上。三つ目、自分の能力よりちょっとだけ上の事をした結果、それが正しかったかどうかがすぐにわかる。以上の三つが、繰り返し繰り返し起こる事で、人間は「夢中」になる事ができるのだそうです。ロッククライミング(岩登り)で言えば、次にどこに手をかけねばならないかが明白で、その位置は、今、自分がいる位置よりもちょっと上で、そこに手をかける事がよかったかどうかは、その後も岩山にしがみついておられるかどうかでわかる、つまり、失敗だったら、命綱の長さ分だけ岩山を転がり落ちているわけです。

     

    もっとわかりやすく言うと、陸上のハードル競争を思い浮かべてください。高いハードルだと、飛ぶ前から気力がなえますよね。小さなハードルをどんどん楽々と飛び越え、満足感を得るのが良いのですが、あまりに楽々過ぎると飽きちゃいますよね。だから、自分が楽々超えられるよりちょっと高いハードルを用意して、いくつも飛び越えて、自分はできるんだという感覚(これを自己効力感と言います)を積み上げていくのです。その過程が「夢中」を生み出します。つまり「夢中」とは、最も適度なストレス状態で、自分自身に満足感を感じ、どんどんチャレンジしたくなる状態です。超えるハードルの高さは人によってまちまちですね。最初から高いハードルを越える人、低いハードルで何度も練習する人などなど。ハードルが高いから良いのではなく、その人が満足を感じ、「夢中」になれる高さだから良いのです。

    もちろん、ハードルの種類も、人それぞれです。どれが良いハードルで、どれが悪いハードルなんて区別はありません。個性にあったハードルが大事ですね。

     

    著作(本文・4コマストーリー):株式会社メンタル・コア 野田雅士

    🔵熱ブロの著作者である、

    野田雅士氏の新書が経法ビジネス新書より、怒りの制御(アンガーマネージメント)

    をテーマとした新書として発刊中。

    タイトル 『「怒り」に寄り添うエクササイズ』

    マインドフルに怒りに寄り添う方法や根拠、メリットを解説。

    http://www.mentalcore.co.jp

     

    デザイン・イラスト(キャラクターデザイン・4コマ漫画):塚元善己

    🔵熱血ブログLINEスタンはこちらの作者のページから

    https://store.line.me/stickershop/author/93943

    | かんちゃん | 4コマ漫画 | comments(0) | trackbacks(0) |
    Comment
    name:
    email:
    url:
    comments:
    Trackback
    http://nbs-committee.jugem.jp/trackback/79