無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
第四十三回目  怒りのコントロール  ・・・  怒りを鎮めるトレーニング
0

    第2章 ストレスの多いじだいだからこそ
    「感情コントロール」「怒りのコントロール」が大事です

    第43話

    怒りを鎮めるトレーニング  薬と違って副作用はないので、恐れずにやってみましょう

     

    大事なのは、自分の身体の状態をどれだけ自覚することができるかです。自分自身の変化に少しでも気がつき、良い方向への変化ならば、それをそのまま続けましょう。

     

    ここまでお付き合いいただいた皆様は、怒りを鎮めようとして、無理やり怒りを否定したり、怒りと対決したりするのが、あまり得策ではないとご理解いただけたと思います。

    深呼吸あるいは瞑想呼吸を試してみて、自分の変化に気がつけた方もおられるかもしれません。なんだか最近、随分落ち着いているなとか、いらいらしづらくなったとか。

    今一つ感じがつかめない方は、近くのヨガ教室や座禅道場などに行かれるのも良いでしょう。呼吸法などを教えてくれます(ただし、考え方などを押しつけてくる道場は避けましょう)。

     

    ヨガ教室では、ボディースキャンなどをやりますが、これもなかなか効果が高いのです。普段あまり意識を向けない身体の各所に意識を集中してみるのです。例えば、足の裏とか、足の親指と人差し指の間とか。頭の上から順番に足の先まで意識を集中します。これは、平時、自分の身体がどんなふうに感じられるかを覚えておくのにも効果があります。体調不良などの時に、どこがどのように調子が悪いのかが特定しやすくなります。

     

    呼吸に意識を集中する前に、部屋の真ん中に座り、目の前数メートル先の壁や、右手数メートル先の壁、背後の壁などに意識を集中するのも良いトレーニングです。

    その時に、自分の呼吸がゆっくりと深くなっている事に気付ければ尚良いですが、焦らない事。ごくたまに、気分が悪くなる方がおられますが、体調が悪くなった時には、すぐに止めましょう。

    次に、楽な姿勢でゆったりと座っていただき、視線は3メートル先の床を見ます。

    まず、お腹の中の空気を全て吐ききってしまいます。そうすると、その次には、お腹の中に空気が入ってきて、ごく自然に腹式呼吸ができます。

    吸うのは、基本的には鼻から吸うのがよいとされています。

    空気を吸った後は、吐くしかありません。吸った時の二倍から三倍の時間をかけて、口からゆっくりと吐いてください。

    何かが思い浮かんでも、決してそれを打ち消そうとしないでください。

    夫婦喧嘩していたことや、学校の先生から嫌な事を言われた事など、打ち消さずに、その状況や、そこから生まれてきた感情を受け入れ、「ああ、自分は今、こんな事を感じているなぁ」と思ってください。

    そして「呼吸に意識を集中しよう」と意識して、先ほどの呼吸法を続けてください。

    何度でもいろいろな事が思い浮かんでくるでしょう。

    何度でも、以上の事をやってください。

     

    頭の中に、川の流れをイメージして、自分が感じている事を葉っぱに載せて、川に流してしまう。そしてまた、呼吸に意識を戻すという方法もあります。一番やりやすい方法でやれば良いと思います。

     

    ゆっくりとカタツムリが這うような速度で歩きながら、呼吸法をやってみるとか、息を吐くときに低い声で「アー」と言ってみるとか、いろいろなやり方があるようです。

    それなりに、どれも効果があると思います。

    私は、車の運転が大変に紳士的になりましたよ。

     

    著作(本文・4コマストーリー):株式会社メンタル・コア 野田雅士

    🔵熱ブロの著作者である、

    野田雅士氏の新書が経法ビジネス新書より、怒りの制御(アンガーマネージメント)

    をテーマとした新書として発刊中。

    タイトル 『「怒り」に寄り添うエクササイズ』

    マインドフルに怒りに寄り添う方法や根拠、メリットを解説。

    http://www.mentalcore.co.jp

     

    デザイン・イラスト(キャラクターデザイン・4コマ漫画):塚元善己

    🔵熱血ブログLINEスタンはこちらの作者のページから

    https://store.line.me/stickershop/author/93943

    | かんちゃん | 4コマ漫画 | comments(0) | trackbacks(0) |
    Comment
    name:
    email:
    url:
    comments:
    Trackback
    http://nbs-committee.jugem.jp/trackback/67