無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
第四十回目  怒りのコントロール  ・・・ 「怒る」と「叱る」
0

    第2章 ストレスの多いじだいだからこそ
    「感情コントロール」「怒りのコントロール」が大事です

    第40話

    「叱る」は冷静に、「怒る」はフォローできる場さえあれば効果あり?

     

    昔々は、大家族制で、親類の人たちもあわせて、すぐ近くに親しい人がたくさんいたのかもしれません。誰かに怒られても、誰かがフォローしてくれたかもしれません。だから、感情的に怒っても平気だったのかもしれませんね。

     

    「怒る」と「叱る」は別物だと、よく言われます。

    子供を躾ける時は決して「怒っ」てはならず、「叱る」のだとお聞きになった方も多いでしょう。「怒る」は感情的で、「叱る」は冷静だとも言われますね。

    お説ごもっともですが、その通りになかなかいかないのが人間です。つい「怒り」にとらわれてしまい、後悔するおかぁさん方も多いのではないでしょうか。

     

    「怒り」にとらわれにくくするために「感情コントロール」をおすすめするのですが、「感情コントロール」にとらわれすぎると、それはそれでストレスが過剰に発生してしまいます。

    また、本当に人間にとって「怒り」は不要なのだろうかと言う疑問も残ります。

     

    前回、インドネシアのクロザルの例をご案内しましたが、群れの中で子供を躾ける為に使用されるのは、母ザルの「怒り」の表情でした。決して冷静な態度ではありません。

    子ザルは、「怒り」の表情や態度に触れて、自分がどれだけやってはいけない事をやったのかを学ぶようです。

    母ザルの「怒り」が過度になると別の母ザルがなだめにやってくるのは、我々人間でもよくありそうな話です。なだめられた母ザルは、冷静さを取り戻し、子ザルをフォローし始めます。人間ならば「いい、もうあんな事しちゃだめよ」と言い聞かせているのかもしれません。

    子ザルの立場から考えてみると、悪い事をするとおかぁさんが「怒る」、それはとても怖いので、もう二度とやらないでおこうと思う、やがて冷静さを取り戻したおかぁさんが優しくフォローしてくれる、優しいおかぁさんの方が良いに決まっているので、やっぱり、もう二度とあんな事はしないでおこうと意識を強める。こんな感じでしょうか。

    人間は言葉を持っているので、冷静に言葉でフォローするという事でしょう。

     

    ここでポイントは、なだめに来てくれるもう一人のおかぁさんの存在ですが、現代社会においては、そう都合よく別のおかぁさんは出てきてくれません。だから、おかぁさんは「怒る」と共に「なだめる」事もしなければならないのですね。

    ただし、「怒る」と「なだめる」を同時にできるわけも無いので、「怒り」をどこかで収束させて、なだめる事をしなければなりません。

     

    そうすると、どうやらもう一つのポイントは、「怒り」に身を任せきる事はせず、適当に見切りをつけて自分をなだめ、子供のフォローに入るということのようです。

    ここに「感情コントロール」が役立ちそうな気がしますね。「感情コントロール」によりできるだけ早期に「怒りをコントロール」し、「怒り」によって怯えた子供の心を癒しつつ「叱る」というサイクルが成り立つような気がしませんか。

    つまり、決して「怒ってはならない」という事ではないようですね。

     

    著作(本文・4コマストーリー):株式会社メンタル・コア 野田雅士

    🔵熱ブロの著作者である、

    野田雅士氏の新書が経法ビジネス新書より、怒りの制御(アンガーマネージメント)

    をテーマとした新書として発刊中。

    タイトル 『「怒り」に寄り添うエクササイズ』

    マインドフルに怒りに寄り添う方法や根拠、メリットを解説。

     

    デザイン・イラスト(キャラクターデザイン・4コマ漫画):塚元善己

    🔵熱血ブログLINEスタンはこちらの作者のページから

    https://store.line.me/stickershop/product/1648376

    | かんちゃん | 4コマ漫画 | comments(0) | trackbacks(0) |
    Comment
    name:
    email:
    url:
    comments:
    Trackback
    http://nbs-committee.jugem.jp/trackback/64