無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
第二十九回目  感情コントロール  ・・・ 深呼吸などの訓練
0

    第2章 ストレスの多いじだいだからこそ
    「感情コントロール」「怒りのコントロール」が大事です

    第29話

    「変えられるところから変えてみる」 深呼吸や瞑想呼吸の大きな意味

     

    昔々から、呼吸や深呼吸が精神に与えてくれる良い影響については、よく知られていたようです。ヨガなどにも呼吸法は取り入れられていますね。即効性が無いのと、医学的な根拠がみえにくいので、怪しげな民間療法と捉えられた事もあったでしょうが、今、あらためて見直されてきています。

     

    言葉を持つ新しい脳が、言葉を持たない古い脳を言葉でなだめようとしても、なかなか難しいですね。できなくはないですが、そのためにはちょっとしたコツと意志の力が必要です。

    それよりも、新しい脳でコントロールできる身体の部分の状態を変化させて、古い脳をだますほうが手っ取り早いようです。

    その理由は前回に説明させていただきましたが、それとて、必ずしもうまくいくとは限りません。動物としての人間が、窮地を脱して生き抜こうとする力は、それほどに強力なのですね。

     

    ここで必要となるのが、訓練、トレーニングです。

    ええ、どんなトレーニングするの?

     

    科学好きで知られるダライ・ラマが協力した研究で、何十年と瞑想修行している僧侶の脳をCTスキャンにかけたそうです。そうすると、その僧侶の感情をコントロールしていると思われる領域が、普通の人の1.5倍近くあったそうです。

    永平寺などで長年修行している僧侶も、恐れや怒りなどが長時間続かないというNHKのドキュメンタリーもありました。

     

    ええ、座禅を組むの?

    いえ、その必要はありません。

     

    でも、組みたい方は、組んでいただいても全く問題はありません。

    永平寺の開祖道元禅師は、戦乱によりパニック障害に陥ってしまった執権北条時頼を、座禅により治癒に導いたとされています。

    前章でも紹介したジョン・カバットジンというアメリカの精神科医が始めたマインドフルネス療法は、この道元がベースになっています。

    日本では、早稲田大学の熊野宏昭教授が有名です。

    この療法は深呼吸を中心としており、うつやパニック障害にかなり有効だとされています。

     

    精神科医で元大阪大学準教授の石蔵文信先生も「日本国民全員が深呼吸をしてくれたら、精神科医、心療内科医の9割は確実に失業するよ」と、よくおっしゃってます。

    マインドフルネス療法は、座禅をベースにはしていますが、座禅ほどの苦行ではありません。

    一日に何十分か、無理のない範囲で、深くゆっくりとした呼吸に意識を集中していただく。ただ、それだけです。

     

    緑の多い場所で行えば、さらに効果が高いとも言われています。アメリカ西海岸のエサレンや、ベトナムの僧ティク・ナット・ハンがフランスで開いているプラムビレッジなどは、その代表例なのかもしれません。

     

    でも、わざわざ、そんな場所まで行かなくてもいいようですよ。

    寝る前の数分を、自分自身のために、ゆったりと呼吸に意識を集中する時間に当ててみませんか?

     

    即効性はないですが、数週間で効果が現れる可能性があるようです。

     

    著作(本文・4コマストーリー):株式会社メンタル・コア 野田雅士

    🔵熱ブロの著作者である、

    野田雅士氏の新書が経法ビジネス新書より、怒りの制御(アンガーマネージメント)

    をテーマとした新書として発刊中。

    タイトル 『「怒り」に寄り添うエクササイズ』

    マインドフルに怒りに寄り添う方法や根拠、メリットを解説。

     

    デザイン・イラスト(キャラクターデザイン・4コマ漫画):塚元善己

    🔵熱血ブログLINEスタンはこちらの作者のページから

    https://store.line.me/stickershop/product/1648376​

    | かんちゃん | 4コマ漫画 | comments(0) | trackbacks(0) |
    Comment
    name:
    email:
    url:
    comments:
    Trackback
    http://nbs-committee.jugem.jp/trackback/52